小売業は、その国の生活を映す鏡のような存在であるが、世界のショッピングセンターや小売店の実情から、生活全般の変化を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あみプレミアムアウトレットの注目2店 バナナリパブリック、フォーエバー21

バナナリパブリック
 昨年12月に1.5倍の大きさに増築オープンし、魅力を増した「あみプレミアムアウトレット」に再度行ってきました。アウトレットセンターも日本全国に約40ヵ所となり、すっかり定着したようですが、それだけ競争も激しくなっています。あみプレミアムアウトレットもブランドを増やしただけでなく飲食店の充実や子供向け施設なども設けました。『日経トレンディ』の9月号の特集では、あみプレミアムアウトレットは、前頭三枚目にランクされています。

 『日経トレンディ』のランキングによると、東の横綱が御殿場プレミアムアウトレット、西が三井アウトレットパーク、東の大関に軽井沢・プリンスショッピングセンター、西に神戸三田プレミアムアウトレットなどとなっています。あみプレミアムアウトレットは、前頭三枚目ですが、格段に魅力を増しています。そのうち2つのファーストファッション・ブランドが特に注目を集めていました。一つはバナナリパブリックであり、もう一つはフォーエバー21です。

 バナナリパブリックは、05年に東京銀座に1号店をオープンしましたが、現在ではレギュラー店が24、アウトレット店が12の合計36店になっています。バナナリパブリックは、もともと1978年にメル・ジーグラーによってサファリファッションの店舗としてカリフォルニアのミルバレーに誕生しました。ユニークなコンセプトで注目を集め、私も釣りのときに着る、ポケットがたくさん付いたベストを買った覚えがあります。現在は、アメリカ、カナダを始め、日本や韓国などに約640店舗を展開しています。

 コンセプトがユニーク過ぎたのか、83年にはギャップに買収され、現在の「カジュアル・ラグジュアリー」と呼ばれるアパレルブランドになりました。ギャップは、低価格ラインで「オールドネービークロジング」を展開していますが、バナナリパブリックは、ギャップの上の高級ラインを狙っています。

 質を重視する日本では、オールドネービーよりバナナリパブリックの方が、お客に支持されるのではないかというのが日本での評判でした。日本ではアウトレットストアのウエイトが高くなっていますから、レギュラーの値段より割安感を武器にブランドの浸透を図って行く戦略なのでしょう。ブランドが普及したところでレギュラーの店舗を多く展開していく計画だと思われます。

フォーエバー21

 フォーエバー21は、あみプレミアムアウトレットが昨年12月に増築オープンした時にはまだ出店していませんでした。今年の4月になってオープンしたのにはどんな理由があったのでしょう。フォーエバー21の日本上陸は2009年4月です。東京原宿に1号店をオープンしました。まだ3年目ですが、現在、日本ではレギュラー店舗が8、アウトレットが2の合計10店舗を展開しています。

 アウトレットへの出店は、あみプレミアムが4月、仙台泉プレミアムが6月とほとんど同じ時期です。フォーエバー21もバナナリパブリック同様、カリフォルニア出身ですが、こちらは、84年にロサンゼルスに生まれました。まだ30年は経っていませんが、カナダ、ドバイ、韓国、中国など世界10カ国に約500店舗を展開しています。売上高は、2007年の発表で13億ドル(約1000億円)となっています。

 もともと韓国系アメリカ人のドン・チャンによりロサンゼルス郡内に住む韓国系移民の若者向けに作られたブランドでした。当初の名称は「Fashion 21(ファッション・トゥエンティーワン)」でした。ファーストファッションといえばスエーデンのH&M,スペインのザラなどが先頭グループですが、さらに安い価格で急速に成長しているのがフォーエバー21です。

 あみプレミアムアウトレットでもアメリカ流の安売りです。一着ごとの安さは当然として、2着でいくら、2着目は無料といった徹底した安さの訴求です。衝動買いを誘発する価格です。お客の数も半端なものではありません。ゆっくり商品を選ぶというのではなく、気に入ったものはどんどん確保する、といった様子がみられました。アウトレットセンターの競争が激しくなっていますが、結局は人気のブランドがどれだけ入っているか、が決め手になると思われます。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。