小売業は、その国の生活を映す鏡のような存在であるが、世界のショッピングセンターや小売店の実情から、生活全般の変化を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
枝垂れ桜と流通の復旧
般若院の枝垂れ桜


 今年は、茨城県・龍ヶ崎市にある般若院の枝垂れ桜を見てきました。大震災・原発事故などで自粛の声もある中、桜はなぜか一段と美しく見えました。さびしく、悲しく、辛く、悔しく、全ての感情を満開の桜は凛として受け止めてくれました。いつの時代も日本人はこの花に励まされて生きてきたのです。桜の営みに負けてはいけない、満開の花はいつの時代も変わりなく開く、ということを心に刻んで花を愛でてきました。被災地に桜が咲くのももう直ぐです。

 龍ヶ崎の般若院は、天元元年(978)に道珍法師によって創建されたと言われている天台宗の寺(金剛山観仏寺)です。その後土地の豪族土岐氏の祈願所であったり、伊達家代々の位牌所であった時代もありました。枝垂れ桜は、この寺の本堂の裏手にある樹齢推定400年といわれる巨木で、茨城県の天然記念物に指定されています。樹高約10m、目通り幹囲約5m、枝張り東西約15m・南北約22mで、エドヒガン(江戸彼岸)の園芸品種です。お花見の時期には、近隣から大勢の人がこのサクラを見に般若院を訪れます。

 枝垂れ桜の横は墓地になっていて、たくさんのお墓が並んでいます。よく見ると、門の近くにあった石の灯篭も下に転がっていたり、あちこちで墓石が落ちていたり、地震の大きさを見せていました。推定樹齢400年といわれるこの桜は、並んでいるお墓と共に、きっと数限りない怒り、悲しみ、喜び、憎しみ、恨み、苦しみなどを見てきたことでしょう。しかし、今回のような大震災に遭遇したことはあったでしょうか。桜は黙して何も答えてはくれません。その代わり、どんな天変地異にも負けずにすっくと立つ桜の花は、自然の厳しさを教えている気がします。

 被災地の復旧も急速に進んでいるようです。物流網も回復に向かい、不足していたものも順次揃っているようです。イオンは、東北地方に約170店のスーパーを展開していますが、3月末にはこの店舗網をカバーしていた仙台市にある物流センターの配送機能を完全に復旧したということです。ただし、各店向けの商品を仕分けする機械が壊れているため仕分けは千葉県のセンターでして、仙台のセンターに持ち込んでいる、ということです。各店宛ての荷物は、千葉で作って仙台の物流センターに持ち込む、という形です。仙台市にあるセンターの仕分け機能も4月中には回復する計画です。

 イトーヨーカ堂は、仙台市内の生鮮食料品用の物流センターが被災したため臨時的に埼玉県春日部市のセンターから商品を配送していました。しかし、品種、量とも通常の8割程度ということで、4月7日から代替のセンターを仙台市で稼動しました。代替のセンターは、仙台市内にある物流会社の拠点を借りたもので、稼動によって宮城、福島、岩手県内のイトーヨーカ堂5店舗と秋田県の食品スーパー1店で品そろえがほぼ震災前の水準に戻る見通しだそうです。

 コンビニは、東北地区に大手3社で約2350店舗がありますが、そのうち9割超の2150店が営業しています。セブン-イレブン・ジャパンは、3月26日から配送を1日3便の通常体制に戻し、店舗からの発注システムも復旧したとのことです。これによって、品種は8割程度でも量的には震災前以上の水準になったということです。ローソンは、これまで1便の配送でしたが、4月8日から2便体制に、ファミリーマトも1便を8日か9日に2便に増やすということです。

 物流は急速に回復しているものの、商品は不足しているものがまだ少なくないようです。ミネラル・ウォーターやヨーグルトなどは本数制限がありますし、乾電池やガス・ボンベは、品薄状態です。まだまだ普通の生活に戻るには時間が掛かりそうですが、復旧は着々と進んでいます。一時、桜の美しさを楽しんで復旧・復興の鋭気を養って頂ければと思っております。ガンバロー日本!!
 

 
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。