小売業は、その国の生活を映す鏡のような存在であるが、世界のショッピングセンターや小売店の実情から、生活全般の変化を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真の“バリアフリー”で快適な生活を
ガスコンロでもお年寄りに安全なものが開発されている。   
 高齢化の進行で“バリアフリー”が注目されている。バリアフリーの語彙は、「障壁のない」ということであるが、具体的には段差や仕切りをなくして高齢者や障害者にやさしい住まいスペースにしようというものだ。高齢になると、体は自由に動かなくなるし、注意が散漫になって、怪我が多くなる。玄関の段差、床や敷居の段差などちょっとした段差でも高齢者は、足を引っかけることがあるのだ。さらに、車椅子になると、まったく身動きが取れないということになる。問題は、高齢者にはこのときの怪我が、致命的になりかねないということだ。
 
 バリアフリーは、段差や仕切りをなくすということであるが、お年寄りにとって住まいの危険は、それだけではない。その一つは、火災だ。台所で料理をしていて、お客が来たのでガスを付けっぱなしにしてしまったとか、他の仕事を思い出して暖房器具を消し忘れたために火災につながったなどの話をよく聞く。お年寄りにはあちこちに火災の危険が潜んでいるのだ。

 もう一つは、室温の問題だ。部屋の温度差のために、体の調子を壊すといったことも少なくない。暖かい部屋から、寒いトイレやお風呂に入ると、急に血圧が上がって脳や心臓に大きな負担がかかる。トイレやお風呂でお年寄りが倒れるのは、その原因が多い。その上、お年寄りが一人で住んでいるケースが問題だ。子どもなどが同居していれば直ぐにでも救急車を呼ぶなど対策が打てるが、一人では手の打ちようがない。血圧に問題があるので、別に住んでいる娘さんが遊びに来たときにしかお風呂に入らない、と言った話を聞いたことがある。

 住まいの“バリアフリー”と一口で言っても、さまざまな問題がある。こうした問題を一つ一つつぶしていかなければ、本当の“バリアフリー”にはならない。最近では、その解決のための研究も進んでいる。その一つは、床暖房だ。電気やガスを使用したものがあるが、石油や電熱を使うより格段に安全だ。お風呂では、サウナなどと一体になった暖房もあるが、後から簡単に取り付けられる温風器なども開発されている。台所のコンロでは、空焚きを知らせるものとか、ある程度の時間が来ると火が消えるもの。トイレでもお尻を温めてくれるウォシュレットなど日進月歩である。

 “バリアフリー”は、段差や仕切りだけでなく、部屋の温度差や火の始末なども含むということをもっと意識する必要がある。段差や格差だけでは、折角の“バリアフリー”も意味をもたないということだ。実際に、お年寄りのために改築などをしようとする場合、工務店やリフォーム業者に頼むということになるだろうが、多くの業者は頼まれたことしかやらない。トータルによく研究してリフォームをすることが肝腎だろう。
スポンサーサイト

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。