小売業は、その国の生活を映す鏡のような存在であるが、世界のショッピングセンターや小売店の実情から、生活全般の変化を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コストコ新三郷店は大盛況
コストコ新三郷店ファサード
 
 コストコ新三郷店に行ってきました。7月7日にオープンしていたので、もっと早く行きたかったのですが、オープン日は大変な混雑で2時間も待たされた人がいたと聞いて、躊躇していたのです。店に着いたのは、月曜日の朝、オープン時間10時を10分ほど回ったところでしたが、すでにかなりのお客がいました。幕張店の場合は、コストコを知っている人が遠くから来店していた感じでしたが、三郷店では、コストコに接するのが初めてという人が多かったような気がします。それだけ商圏人口が多いのでしょう。会員登録のカウンターには長い列ができ、新会員もかなり獲得したようです。ちなみにオープン前の会員募集キャンペーンですでに5万人を超えていたということです。コストコもいよいよ大衆化してきたということでしょうか。

 コストコ新三郷店は、ワンフロア(1層建て)で作られています。幕張店では、1階が食料品関係、2階が雑貨・衣類等という2層でしたが、新三郷ではすべての商品がワンフロアで展開されています。ワンフロアのメリットとしては、お客側には1階、2階を行き来せずに済みますし、買い忘れなどがあったときでも、売場に戻るのも容易です。また、お店側にとっては、お客の状況が把握しやすいですし、オペレーション(運営作業)も楽になります。お互いにとってメリットがあるのですが、もともとアメリカでは、このスタイルが基本です。ただし、2層の幕張店などを使い慣れていると、フロア毎に扱い商品が明確になっているので、売場が判りやすい、ということがありました。新三郷でも慣れてくれば問題ないのかもしれませんが、今のところ売場が判りにくい事は否めません。

 入口と出口が別々というワンウエイコントロール(一方通行導線)になっているのは、他の店と同様ですが、幕張のように入口は2階で、出口は1階というのとは違って、隣り合わせの入口と出口が狭く感じられます。さらに、出口の側に入会のカウンターがあって、申込者が並ぶと一層混雑しているようになります。その上、コストコ独特の買った商品のチェックを出口でしています。あまりにも出口側に機能が偏った構造になっているように思われます。まだ、オープンしてから1月と経っていないので、半年後、1年後にどうなっているか、注目したいところです。

 売場は、店舗の両側にラックを置いて、真ん中は低い棚と平台で商品を陳列しています。入口向かって左側のラックが家電、バッグ、洗剤、紙製品などの雑貨、右側のラック、つまり入口奥が食品で、食品の前に薬局の売場、メガネ売場があります。そして真ん中に衣料、文具、季節商品、特売商品などが並べられています。店舗の最奥の壁面沿いが精肉、鮮魚などバックルーム越しの冷蔵平ケースになります。野菜は、幕張では、冷蔵多段ケースを使って一部の野菜・果物を陳列していましたが、特別に冷蔵室を設けている点が大きな違いです。部屋を作ってしまったのです。売場の配置は、大まかにはそうなりますが、まだまだ判りにくい商品も少なくありません。蚊取り線香などは、薬局サイドではなく、左側奥のラックに置かれていました。

 コストコのフードコート

 品揃えは、コストコの本来のコンセプトに戻ったように思われます。コストコのコンセプトの基本は、品目数を極端に絞って、まとめ売りをするというものです。幕張では、行く度に品目数は増え、単品売りが多くなっているように感じました。これでは、売上げは大きくなっても利益は出ないのでは、と心配でしたが新三郷では、選択肢を増やさず、まとめ売りを前面に出していました。今後どうなるか分りませんが、隣接してイケアやららぽーと等があるというショッピング環境が、影響しているのではないかと思います。幕張ではコストコは他の店舗と完全に分離しています。もともとアメリカでは、コストコのようなMWC(メンバーシップ・ホールセール・クラブ)という業態類型は、成熟した環境の中で生まれてきました。従って、コンセプトを明確にしなければならなかったし、明確であることが、利益を上げるポイントでもあったのです。日本のマーケット・消費者の特徴とコンセプト(ビジネス・モデル)の接点をどう作っていくのか、これからが見ものと言えるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。