小売業は、その国の生活を映す鏡のような存在であるが、世界のショッピングセンターや小売店の実情から、生活全般の変化を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あみプレミアムアウトレット」開店日決定
あみ

 茨城県阿見町にアウトレットセンターを建設していたチェルシージャパンは、22日センターのオープンが7月9日になると発表しました。「あみプレミアムアウトレット」は、チェルシーの8番目のセンターです。また、関東地区では「御殿場プレミアムアウトレット」、「佐野プレミアムアウトレット」に続いて3ヵ所目となりますが、開業時からテナント数104店舗は、これまでの最多です。

 チェルシーは、米国でアウトレットセンターを専門に開発するデベロッパー会社です。日本では、三菱地所、双日とチェルシーが合弁で“ジャパン”を設立しています。米国でも必ず「プレミアム」という呼称を使い、ニューヨークからロサンゼルス、ホノルル、サンフランシスコなど全米主要都市に、30カ所近くのセンターを展開しています。日本でもアウトレットと称するものは、数多くありますが、チェルシーのものは、本格的なアウトレットセンターとして評価も高く、多くのお客が集まっています。07年の売上げは、1500億円強ということですが、1092億円の三井不動産、315億円のプリンスホテルを圧倒してナンバー1になっています。

 “アウトレットセンター”とは、小売・メーカーやデザイナーの有名ブランドを割安で販売するアウトレットリテイラーを集積したSCです。もちろん割安には理由があります。製造段階で、キズや汚れが付いたものとか、発注間違いで残った在庫とか、お客から返品されたものなどを扱っています。最近では、アウトレット専門に商品を作るメーカーもあるようです。

 「あみプレミアムアウトレット」は、首都圏にもっとも近い“プレミアムアウトレット”です。常磐道つくばジャンクションから約14km、成田国際空港からは約30kmの位置にあり、圏央道(首都圏中央連絡自動車道)阿見東インターチェンジに隣接するという好立地にあります。このアクセスの良さから商圏人口は、車で90分圏内の1350万人、初年度来場者約400万人が見込まれています。

 国内外から104のテナントが入っていますが、うち7店舗が国内アウトレット初出店になります。内訳は、ブルックス・ブラザース、ギャップ、ハッカなどファッションブランドが63、コーチ、ホーキングなど服飾雑貨が22、たちきちなどインテリア&雑貨が9、食品物販が2、飲食店が6、サービスが2となっています。初出店の7店舗は、メンズウエアーのランバンオンブルー、パルジレリ、レディスウエアーのダブルクローゼット、時計のフォッシル、シューズのマドラス、食品のフォション、キッチン用品のオフノオンなどです。

 アウトレットセンターは、本場の米国でも観光地へ向かう途中にあるのが普通です。ロサンゼルスのダウンタウンから車で1時間半ほど走ったバーストウのファクトリー・マーチャント・アウトレットプラザは、ラスベガスへ、カバザンのデザートヒルズ・ファクトリーストアーズは、パームスプリングへの途中といった具合です。日本でも「御殿場プレミアムアウトレット」は、箱根、「軽井沢プリンス・ショッピングプラザ」は、軽井沢など業績のいいセンターはほとんど観光地とセットになっています。①既存の商業立地ではなく土地代の安いところに広い面積を確保しなければならない、②百貨店など既存の業種との競合を避ける、③アウトレットでの買物をレジャーの延長として楽しんでもらう、などが主な理由です。

 「あみプレミアムアウトレット」で言えば、大洗やSPAリゾートハワイアンということになるのでしょうが、今ひとつ弱いような気がします。逆に、これを機会に地元のリゾート地の強化を図ってもらいたいものです。阿見町の近くでは、08年末につくばに大和ハウス工業による「イーアスつくば」が、今年5月には土浦市に「イオン土浦SC」がオープンします。いろいろの形態のSCが見られることは楽しみですが、「あみプレミアムアウトレット」が果たしてレジャー感覚で利用してもらえるか、心配なところです。
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。