小売業は、その国の生活を映す鏡のような存在であるが、世界のショッピングセンターや小売店の実情から、生活全般の変化を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上諏訪五蔵の「呑みあるき」は楽しい町おこし
参加者はお猪口を持って往き来する
 10月4日土曜日に長野県・上諏訪で行われた「呑みあるき」という行事に行ってきました。「呑みあるき」は、上諏訪の名だたる5軒の造り酒屋が、10年ほど前から共同で行うようになった行事です。始めた当初は300人程度でしかなかった参加者も今回は2000人を予定するまでになったそうで、「やはり継続は力です」と蔵元の一つ、宮坂醸造の宮坂直孝社長は語っていました。

  「呑みあるき」は、上諏訪街道(国道20号線)沿いにある「舞姫」、「麗人」、「本金」、「横笛」、「真澄」の5軒の蔵元が、春と秋の年2回日本酒の美味しさを知ってもらおうと始めたものですが、前回春のときには1700人の参加者があったということです。当日は、初秋の国道20号線をたくさんの人がお猪口を片手に列をなし、何か異様な雰囲気でした。道路のところどころには、土産物を販売したり、みそ汁や漬け物、蕎麦などを提供する屋台も出展していました。

 参加者は、お猪口と首から下げるパスポートを一人2000円で購入します。後は好きな蔵元で、好きなだけ日本酒を味わうことができるというもの。好きな蔵元といってもほとんどの参加者は、5軒の蔵元を渡り歩いて飲み比べをしています。各蔵元は、自慢のお酒を提供し、独自にイベントを催すとか、みそ汁を提供するとか、それぞれ趣向を凝らしてお客をもてなしてくれます。

 今回一番のイベントは、五蔵主催による「諏訪五蔵寄席」と銘打った落語独演会。「呑みあるき」が始まる前の時間帯に諏訪市の名刹・貞松院で行われました。お客は、じっくり落語で笑って、その後お酒を楽しむという趣向です。貞松院は、不運な生涯を送った徳川家康の六男、松平忠照が葬られているお寺です。今回は初めての試みということでしたが、円楽一門の三遊亭鳳志を招き、「子ほめ」と「ねずみ穴」の2席が演じられました。立派な本堂に設けられた舞台を囲んで100人近くの人が耳を傾けました。
落語会が行われた貞松院

 この行事もすっかり人気が高まって、今回は松本、上諏訪間にJRの臨時列車「ほろ酔い上諏訪街道号」も走り、行事を盛り上げています。15時から始まった「呑みあるき」も終了時間の19時近くになると、あちこちで見知らぬ同士のグループができて賑やかなおしゃべりが始まります。今年は天候にも恵まれ、初秋の酒は一層美味しいものでした。「町おこし」としては成功の例です。次回、春の「呑みあるき」は、2009年3月21日(土)とのことですが、次回も行きたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。