小売業は、その国の生活を映す鏡のような存在であるが、世界のショッピングセンターや小売店の実情から、生活全般の変化を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタジオアリスのマーケット創造秘話(下)
衣装は500着持っている
 スタジオ・アリスには、優れたところがいろいろありますがそのなかでも注目されるのが「VTRフォトセレクトシステム」です。このシステムは、撮った写真がテレビモニターで見られるというものです。重要な点は、見るだけでなく気に入った写真をお客自身に選ばせると言うことです。最終的な紙焼きにすべき写真をお客が自分で指定できるのです。

これまでの写真屋さんでは、カメラマンの気に入った写真が紙焼きされていました。それはカメラマンにプロとしてのプライドがあり、構図や表情で気に入ったものを使うからです。しかし、それは必ずしもお客が気に入るものとは限りません。お客は芸術的な写真を要求しているわけではありません。構図が少し甘くても、ピンが少し合っていなくとも自分の気に入った表情で取れていればいいのです。美容院などで、プロのカットが気に入らない場合があるのと同じです。写真スタジオでもそうしたトラブルが少なくないのです。
 
 スタジオ・アリスでは、お客が好きな写真を選べます。紙焼きしなかったからと言ってお金が掛かることはありません。何枚撮ったとしても撮っただけでは料金は掛かりません。撮影料はもちろん掛かりますが、写真は選んで紙焼きにしたものだけに掛かるのです。スタジオ・アリスには、洋装・和装、ドレスやぬいぐるみのようなものまで500着からの衣装があります。デイズニー・ランドと使用契約を結んだキャラクターの衣装もあります。この衣装はいくら着替えても、写真を選ばなければ無料です。ですからお客は安心して撮ることが出来るのです。

 気に入った写真をお客に選ばせるということは、逆に言えばカメラマンが誰でも良いと言うことです。プロである必要はまったくありません。そこで、スタジオ・アリスのカメラマンは、素人のパートタイマーです。写真を撮るのが好きな主婦がパートでやっているのです。本村社長も、スタジオ・アリスでは写真を撮る技術よりも、子どもをあやし、良い表情を引き出す技術の方が大事なのです、と言われていました。ですから女性、それも子どもに慣れている主婦が良いのです。当然、プロのカメラマンを雇うよりも、人件費は安くなります。そして、結果的に料金を安く設定することができるのです。

 親の心理を巧みに掴んでいるところも見逃せません。衣装を何回着替えても無料といっても、撮れば欲しくなるのが親心というものです。別料金が掛かりますが、ディズニーのキャラクターなどは、子どもにもねだられますし、親も撮ってやりたいものです。自分の子どもは可愛いし、どうしても買い取る数が増えていくことは、自然の成り行きです。

 写真を撮る場面の提案もしています。最初は、七五三、お節句、お宮参り、誕生日などが主で、本村社長も売上げが片寄ってしょうがない、と言われていました。まさにシャッター・チャンスを増やす方策ということでしょうか。マタニティの日とか100日ベービーといった提案をしています。マタニティの日とは、お腹が大きい時にご夫婦で記念の写真を撮っておくというものです。100日ベービーとは、100日目の赤ちゃんです。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。