小売業は、その国の生活を映す鏡のような存在であるが、世界のショッピングセンターや小売店の実情から、生活全般の変化を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスは大型店規制の厳しい国

 PAに小型店で出店するカルフール


 フランスは、流通規制が厳しい国です。そのためにどの街を訪れても中小商店が中心で、日本のように大型店は、目立ちません。図式的に言えば、アメリカが規制自由の最右翼で、SCを初め大型の店舗がたくさんあります。一方、フランスは反対側の最左翼にあって、中心街にある大型店は、昔からの百貨店だけです。日本はと言えば、その間にあって右往左往している、といったところです。よく言えば柔軟、悪く言えば優柔不断というのが日本の流通政策です。大店立地法で、大型店規制が緩和されたかと思うと、シャッター通りの解消を理由に都市計画法を改正し、2009年には規制を厳しくしています。

 フランスには、1973年に作られたロワイエ法という法律がありました。この法律は、大型店舗の脅威から中小商店を守るものです。自動車を持てない高齢者や大型冷蔵庫などを持てない人を守るために大型店と中小店のバランスを取る、というのが法律の趣旨です。この法律では、人口4万人未満の基礎自治体では1000㎡、4万人以上では1500㎡以上の新設や既存店舗が売場面積を200㎡以上拡張する場合を許可制にしています。さらに、1996年に制定されたラファラン法では、延べ床面積300㎡以上の新築、増築及び用途変更に許可が必要になっています。

 日本では、1973年設立の大店法で許可制から届出制になりました。実際は、商調協による調整や事前審査によって届出制と変わりなかったのですが、建て前は、許可制になりました。ところが、フランスでは、相変わらず許可制が続いています。しかし、日本の許可制とは、実態はかなり違うようです。日本の場合一度認可されないと、二度と許可願いを受理されることはありません。ところがフランスでは、店舗を出したいと思うところに何度でも同じ許可願いを出すということです。毎年願書を出し続けて、30回近くで、何とか出店できたという例もあるそうです。時代の変化と許可に対する意識の違いということが感じられます。

 大型店の出店が難いことがフランス小売業に大きな影響を与えています。一時は日本にも上陸したフランスのカルフールは、ウォルマートに次ぐ売上高世界小売業ナンバー2の小売業です。08年の成績は、870億ユーロ(約11兆円)ですが、フランス国内が43.4%、その他が56.6%と国内よりも海外の売上高のほうが上回っています。ちなみに、日本に上陸した店舗は撤退して、今では店名も残っていません。しかし、売上高は他の国で相変わらずしっかりと上げているのです。カルフールは、1963年にハイパーマーケットという新しいフォーマットを開発して大旋風を巻き起こしました。ハイパーマーケットは、超大型の店舗といった意味ですが、これが大型店規制の原因の一つになってしまいました。そこで、国外をあきらめて海外へと市場を拡大したのです。


モノプリも小型店モノップを展開


 国内での店舗拡大のためにフランスでは小型店の出店が盛んになっています。パリで最も多くの店舗を持つモノプリは、モノップという小型店を展開しています。モノプリ自体、さほど大きくないのですが、モノップは、300㎡足らずの店舗です。日本のコンビニに規模的には似ていますが、日用生活品の店舗として重宝されています。私の泊まったホテルの近くのモノップは、お客で溢れていました。カルフールもフリーウエイのパーキングエリアで小型の販売店を出していました。こうした出店戦略を取らなければ、国内では店舗を増やすことが出来ないのでしょう。

 規制の厳しさは、フォーマットの多様性に影響します。規模が限定されるために、打つ手が限られてしますのです。従ってフランスは、フォーマットが日本以上に少なくなっています。だからモノップのような日用生活品を小規模で扱うような店舗が成立するのです。これでは、多様化した消費者に対応できないことは明らかです。中小店の保護を強化するか、それとも多様な選択肢を確保するか、アメリカとフランスの違いは、ここにもあるようです。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

パリでもファストファッション3社の戦い
お客をたくさん集めていた


 「オペラハウス周辺は高級専門店街」と前回書きましたが、今や高級専門店ばかりが集まっているわけではありません。日本の銀座と同様に、新しく人気を得た専門店が次々オープンしています。その代表例がH&M(ヘネス&モウリッツ)、ザラ、ユニクロなどです。H&Mは、スエーデンに本社を持つ専門店であり、ザラは、スペインのインディテックスの傘下にある専門店、ユニクロはもちろん日本のファーストリテイリングの傘下にある専門店です。日本でもフランスでもこの3社が一等地で鎬を削っているような状況なのです。グローバリゼーションという言葉がありますが、正にその象徴が世界都市で行われているこうした競争だといえます。

 ユニクロのパリ店がオープンしたのは、昨年の10月1日のことです。ちょうど老舗百貨店、ギャラリーラファイエットの斜前辺りの歴史的建造物に面積約2100㎡、地上1、2階、地下1階の売場を作っています。H&Mやザラは、すでにヨーロッパのあちこちに出店して知名度が高いのですが、ユニクロはまだ新参者です。そこで、現在周囲に広告を付けたバスが市内を走り回っています。店内にはたくさんのお客が見られましたが、H&Mなどとの価格競争は厳しいものがあるようです。

 世界の衣料専門店を比較すると、売上高ではザラのインディテックスがトップになります。2009年のデータでは、およそ1兆3600億円。2位は、米国のギャップでおよそ1兆3000億円、3位がH&Mでおよそ1兆1300億円です。ユニクロのファーストリテイリングはリミテッド・ブランドに続いて5位になりますが、売上高は、およそ6900億円ですからトップとかなり水を空けられています。日本的サービスや特異なマーチャンダイジングポリシーが、世界中のお客にどう受け止められるか。差を埋めるのはそこにかかっているといえます。

 総店舗数で見てもインディテックスがトップで、4200店超あります。H&Mは約1700店、ユニクロは900店弱というところです。店舗数の違いは、出店国の違いにあります。ザラやH&Mなどは、すでに多くの国に店舗網を作っているのですが、ユニクロは中国、韓国、シンガポール、英国、米国、フランスの6ヵ国だけです。世界中に張り巡らされたヨーロッパの専門店グループ網に後発のユニクロがどう伍していくのか、これからが本番です。

 ユニクロにとって海外での戦いだけではありません。本拠の日本の守りも重要になります。海外組みがすでに上陸しているのです。ヨーロッパ組みで日本にもっとも早く進出したのは、ザラで、1998年のことです。店舗数もすでに50店に達しています。H&Mは、2008年のことで、まだ10店舗に届きません。他にもアメリカのギャップ、フォーエバー21やイギリスのトップショップなどがあります。

古い建物にオープン

 最近、急速に拡大しているファッション専門店を「ファストファッション」と総称することがありますが、H&Mやザラとユニクロとのマーチャンダイジングは、明らかに違います。ユニクロは、フリースやヒートテック、ブラトップ、Tシャツに代表されるように衣料のなかでもベーシックなものを大量に販売していくという手法です。男でも、女でも、年齢を超えて誰でも買えるものを狙っています。ファッションのパーツの一つで、他と組み合わせて使用するもの、といった考え方です。一方、H&Mやザラは、次々に新しいファッション商品を提供します。流行が下火になったと思ったら、直ぐに切り替えます。その変わり身の早さがファストファッションと言われる所以でもあるのです。ユニクロの手法が日本のお客に通用したようにどこまで世界に通用するかが成功の大きなポイントになるでしょう。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

パリで足止めを食ったけれど!
 エッフェル塔は今日も美しい


 フランス旅行に行ってきました。パリには、10年ほど前に一度行ったのですが、その時は実質1日の滞在でほとんど見て歩く暇がなかったので、今回はゆっくりフランスを楽しみたいと思ったのです。それともう一つ、こちらの方が動機としては大きかったのですが、パリに住んでいる高校時代の同窓生に久しぶりに現地で会いたいと思ったのです。ところが、残念ながら同窓生とは会えないばかりか、アイスランドの火山爆発でパリに足止めを食ってしまいました。そのため滞在期間が7日間から11日間という長期になってしまいました。しかし、その分通常のスケジュールでは、なかなか見に行かないものまで見ることができました。足止めを食ったことが良かったのか悪かったのか、いずれにしてもめったに出来ない体験をすることが出来ました。

 今回特に気になったのが、フランス人のマナーの悪さです。歩きタバコはするし、吸殻は平気で道路に捨てます。道路にはタバコの吸殻と犬の糞が散らばっていて、気をつけないと糞を踏んでしまいそうになります。さらに、電車の中では携帯電話で平気で話をしています。電車の中でも楽器を奏でる人や物乞いの人がいたりする国ですから、そんなことは気にならないのかも知れません。しかし、日本に住んでいる人間には考えられないことです。自由の国フランスですから個人の勝手、ということなのかも知れませんが、うるさいし、汚いし、折角の芸術・文化性が低下してしまいます。考えてみると、ちょっと前まで日本もそうだったのかも知れません。いまさら生意気なことも言えませんが、日本がマナーの良い国であり、清潔な国であることをもっと世界に誇ってもいいのではと感じました。

 もう一つ気になったのは、日本の漫画文化が普及していることでした。高速道路の休憩所には、日本と同様に売店や食堂などがあるのですが、その休憩所の入口付近にはカプセルに入ったキャラクターをコインで買う機械がありました。日本では“ガチャガチャ”などともいわれていますが、それが置かれているのです、その中には、ピカチューとかキティとかドラゴンボールといった日本の漫画のキャラクターが売られていました。さらにパリ東駅のなかにある本屋や百貨店の本屋を覗くとマンガというコーナーがあって日本のマンガが揃っています。もちろんすべてフランス語です。日本のマンガ文化恐るべし、ということを改めて認識しました。

 パリで足止めを食っていたのは、日本人だけではありません。世界中の観光客が帰国できずにパリの街を徘徊していました。そのなかでも特に目を引いたのは中国人です。オペラハウス界隈の百貨店やシャンゼリゼ通りなどを団体で歩き回っていました。この前まで日本人が占領していたルイビトンの旗艦店などから袋を持って現れるのは、中国の人たちです。中国人は、今や日本だけでなく、世界中で買物をしているのです。それも日本は銀座、フランスはシャンゼリゼといった高級ショッピング街です。

フォーラムデアールも賑わっていた

 パリの街を歩いてみて、日本と似ているなと思ったところがあります。それは街の在り様です。オペラハウス周辺、シャンゼリゼ通りなどは、日本で言えば銀座です。もちらん地形的には全く違いますが、歴史的、伝統的なショッピングやエンタテインメントのゾーンで、現在は高級品が売られ、主に観光客がお客になっているところは共通だと思います。これに対してパリの東にあるフォーラムデアールやポンピドーセンターのある辺りは、地元の人たちの買物の場です。新しいパリの街といったところで、日本で言えば新宿や渋谷といったところです。フォーラムデアールは1979年にオープンしたショッピング街であり、日本の無印良品やH&Mなど今人気の専門店が入っています。ポンピドーセンターは、1977年にオープンした催し物場で、ちょうど北野たけし展や監督作品の上映をしていました。どこへ行っても人の多いパリの街でした。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。