小売業は、その国の生活を映す鏡のような存在であるが、世界のショッピングセンターや小売店の実情から、生活全般の変化を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イーアスつくばに見るSC世代
イーアスつくば世代

  オープンから2週間、火曜日のある日、「イーアスつくば」(SC概要は9月15日のブログ参照)に行ってみました。近くに用事があって、昼食を食べるために寄ったのです。オープン後、直ぐにでも行きたかったのですが、きっと混んでいるだろうと思うと、どうしても足が向かなかったのです。案の定、近くに住んでいる人の話ではオープン間もない頃は、メイン通りに車が連なっていたということです。

  2週間が経って、ウィークデイなのでお客は少なくなっているのではないかと思っていたのですが、駐車場の空きを見つけるのも時間が掛かりましたし、お客もかなりの数見られました。つくばの町は車で走っていると人家はまばらですし、一体どこから沸き上がってきたのかと思うほど多くのお客で混み合っていました。

  イーアスつくばは、極めて原則的に作られたSCです。これまで大和ハウスが培ってきたノウハウが全て発揮されたということでしょう。あまりにも原則的なので、他のSCなどを見慣れている人にはかえって物足りなく映るかもしれません。原則的と言うのは、例えば、テナント・ミックスの仕方、駐車場の取り方、フロアの構成、設備の低コスト化などです。ただし、丸く処理したSCの先端とか、スーパーマーケットとモールとをできるだけ切り離そうとするところなど、ディベロッパーの苦労を感じます。

  たくさんのお客の中で、目を引くのは小さな子どもを連れた家族連れです。特にベビーカーに赤子を乗せた女性が多いことです。ウィークデイなので、混雑を避けたつもりなのでしょうが、結果として同じようなお客が多くなっていました。それでも、問題もなくゆっくりと買物や食事を楽しんでいるようでした。考えてみると、この世代以降は、SC世代と言うことができるでしょう。それまでは、商店街にしても単独大型店にしろ、ベビーカーを押して買物をするというのは考えられないことでした。かなりの覚悟が必要だったのです。

  SCは、明らかに既存の環境とは違っています。まず、安全、安心なことです。ベビーカーでうろうろしても、通路は広いし、車に轢かれるなどと言うことはありません。階の上り下りといったことでもエレベーターやエスカレーターがあちこちにあって、容積も車椅子やベビーカーを前提にした広さです。親子で入れるトイレや授乳のための設備、子どもとの食事の場所なども完備しています。父親がいなくても母子だけでも問題なく買物、食事を楽しむことができるのです。

  商店街で買物をしたり、大型店舗で買物した時代があり、その世代がありました。それがいわば当たり前であったので、辛くても我慢をしてやっていました。あるいは、どうしても必要な時以外は、買物に出ないようにするなどしていたのです。SCは、その環境をすっかり変えたのです。SCで買物をして育っていく人は、もはや後戻りはできないでしょう。SCを前提にしてライフスタイルを形成していくのです。SC世代の登場が本当に社会に影響を与えるのはこれからです。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

B級グルメ大集合
サンバパレードも賑やかに登場
茨城県の龍ヶ崎市が「コロッケ」の町であることをご存じだろうか。なぜコロッケなのかは定かではありませんが、B級グルメのコロッケを謳っているのです。その龍ヶ崎市が「国民文化祭いばらき2008」の一環として11月2,3日の2日間、「食の祭典in 龍ヶ崎」を開催しました。国民文化祭とは、昭和61年から、毎年各都道府県持ち回りで開催されている国内最大の文化・芸術の祭典で、今年の23回目は茨城県の担当なのだそうです。

 国民文化祭は、11月1日から9日までの間、茨城県各地で数々の催し物が行われていますが、「食の祭典in 龍ヶ崎」は、連休の2日間、普段、車が走る龍ヶ崎の商店街を歩行者天国にして行われました。商店街のおよそ1㎞には、ところどころにテント張りの屋台が並び、全国各地のB級グルメが集合しました。

 龍ヶ崎市の「コロッケ」だけでなく、福島県いわき、富山県高岡、青森県下北、山梨県丹波山村、岐阜県飛騨などのコロッケも出店して味を競いました。コロッケだけではありません。宇都宮の餃子、富士宮の焼きそば、横須賀海軍カレー、佐野ラーメン、小田原おでん、それに茨城自慢のあんこう鍋などそうそうたるメンバーが揃って、たくさんのお客を集めていました。人気のグルメは、どこも列をなし、富士宮の焼きそばなどは、1時間半待ちという程の大盛況でした。
各地から自慢no

 商店街のあちこちには、椅子とテーブルを用意して、食べ物を購入した人がゆっくりと食事ができるようにしていました。連休と言うこともあって、親子連れのお客が食事を楽しむ光景があちこちに見られました。こうした催しでは、ゴミの問題が悩みですが、ゴミを少しでも減らそうとマイはし、マイバッグ持参の人を対象にしたスタンプラリーや「エコ特典」を提供するなどの工夫もみられました。

 食べ物だけでなく、商店街の真ん中にステージが設けられ、数々の催し物が行われ、道の途中では、三味線や馬頭琴の演奏、金魚すくい、ビンゴゲーム、もちつき大会、地元の人たちのダンスや歌、太鼓の演奏なども行われていました。さらに、東京浅草から招いたというサンバパレードなどもあって、普段人通りの少ない商店街も、この日ばかりは、賑やかでした。

テーマ:日本の食 - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。